カードローン審査ガイド
カードローン審査ガイド

カードローン審査は属性によって決まる

全てのカードローン商品には、審査があります。申し込んで審査に通ってこそ、はじめて借り入れができるのです。そしてその審査に通るか通らないかは、その人の属性が大きくものを言います。
属性とは、その人のお金や信用に関係する個人情報のことです。たとえば大企業に勤務するお金持ちと零細企業で働く貧乏人とを例に取ると、お金持ちのほうが属性は高いと判断されます。当然、審査に通る可能性も高くなります。
このように、審査の最重要ポイントは属性です。カードローン審査は属性が高い人ほど有利なのです。しかし皮肉なことに、属性が高い人ほどカードローンを必要とはしないのです。

審査のポイント

カードローンで重視されるポイントの1つは年数です。一般的には1つの会社で長く勤めている方が、お金を借りやすくなる傾向があるのです。
ところでその融資商品を申し込む方々の状況は様々です。中には複数の会社で働いている方もいらっしゃるのですね。フリーのアルバイターの方々などは、1社でなく2社以上で働いている事も珍しくないのですが。
そのような会社の掛け持ちをしている時には、勤続年数が長い会社の情報を、申し込み用紙に記載する方が良いですね。A社が3年でB社が1年での掛け持ちをしているならば、A社のデータを書く方が良いでしょう。その方が審査に通りやすくなる傾向があるからです。

銀行カードローンの借入額の目安

カードローンを用いてお金を借りるとなると、総量規制の問題が浮上します。一般的には、年収の30%程度が1つの目安になります。それ以上の借り入れをするのは、困難になるのです。
しかしそれも商品次第で、銀行系カードローンですと総量規制対象外になります。ですので他の会社で利用していても、銀行の場合は審査に通る事例もしばしばあります。
ただし規制の対象外でも、やはり借りる事ができる金額には限界があります。銀行系の場合は、一般的には50%と設定されている状況です。ですので消費者金融に比べると多少審査は厳しいですが、比較的高めな金額で借りる事ができるのは、銀行系のメリットの1つです。

PAGETOP
Copyright © カードローン審査ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.