カードローン審査ガイド
カードローン審査ガイド

カードローン審査は属性によって決まる

全てのカードローン商品には、審査があります。申し込んで審査に通ってこそ、はじめて借り入れができるのです。そしてその審査に通るか通らないかは、その人の属性が大きくものを言います。
属性とは、その人のお金や信用に関係する個人情報のことです。たとえば大企業に勤務するお金持ちと零細企業で働く貧乏人とを例に取ると、お金持ちのほうが属性は高いと判断されます。当然、審査に通る可能性も高くなります。
このように、審査の最重要ポイントは属性です。カードローン審査は属性が高い人ほど有利なのです。しかし皮肉なことに、属性が高い人ほどカードローンを必要とはしないのです。

審査のポイント

カードローンで重視されるポイントの1つは年数です。一般的には1つの会社で長く勤めている方が、お金を借りやすくなる傾向があるのです。
ところでその融資商品を申し込む方々の状況は様々です。中には複数の会社で働いている方もいらっしゃるのですね。フリーのアルバイターの方々などは、1社でなく2社以上で働いている事も珍しくないのですが。
そのような会社の掛け持ちをしている時には、勤続年数が長い会社の情報を、申し込み用紙に記載する方が良いですね。A社が3年でB社が1年での掛け持ちをしているならば、A社のデータを書く方が良いでしょう。その方が審査に通りやすくなる傾向があるからです。

銀行カードローンの借入額の目安

カードローンを用いてお金を借りるとなると、総量規制の問題が浮上します。一般的には、年収の30%程度が1つの目安になります。それ以上の借り入れをするのは、困難になるのです。
しかしそれも商品次第で、銀行系カードローンですと総量規制対象外になります。ですので他の会社で利用していても、銀行の場合は審査に通る事例もしばしばあります。
ただし規制の対象外でも、やはり借りる事ができる金額には限界があります。銀行系の場合は、一般的には50%と設定されている状況です。ですので消費者金融に比べると多少審査は厳しいですが、比較的高めな金額で借りる事ができるのは、銀行系のメリットの1つです。

いくつも審査を出すのではなく一つに絞って

お金を借りる時、融資商品は多種多様にある中から資金使途にあった商品を利用することがベストです。
ですが、類似した商品があったり、それぞれにメリットがありどちらの商品を利用しようか迷う場合もあります。
その際、同時に申込をすると、保証会社から悪い意味でお金が足りなくて手当たり次第申し込もうとしていると思われ申し込みブラックになってしまうことがあります。
そうすると、審査まで時間もかかりますし、可否にも影響を及ぼします。
申し込みブラックを回避する方法としては、一つもしくは二つの商品に絞り込んで申し込みすることです。
審査の結果、否決であったり思っていた金額が借りれない場合、次の商品に申し込んだ方が誠意ある申し込みと思われます。
また、金融機関側も申し込みブラックの仕組みや内容をお客様にお話することも申し込みに際して必要なことだと考えられます。

確かに低金利は素晴らしいメリットですが

カードローンを使ってお金を借りる際、低金利であればあるほど利用者にとっては有り難いものです。何しろ金利が低いほど利息の支払い負担が少なくて済むのですから、低金利は非常に魅力的で大きなメリットであることは間違いありません。だからこそ利用者は皆、出来るだけ低金利のところから借りたいと願うわけです。
ただし低金利のカードローンは、どうしても審査の難易度が高くなってしまう傾向があります。ですから、申し込んだけれども審査に落ちてしまって利用できない人も少なくないのが現実です。逆に審査の難易度が出来るだけ低いところを探そうとすると、そのカードローンは金利が比較的高めになってしまう傾向があるのです。
カードローンは審査に落ちてしまえば元も子もありません。魅力溢れる低金利のカードローンも、審査に通ってこそ意味があるのです。それゆえ低金利のカードローンを探す時は、「自分でも十分に審査に通る見込みがある」ということを前提にして探さなければなりません。
もちろん、この話は自分の属性の高さに絶対的な自信のある人には関係ありません。十分に属性が高い人なら、審査の難易度など気にせずに、ひたすら低金利の会社を探すだけで良いのです。しかし、そんな人は少数派であるに違いありません。実際のカードローン利用者の多くは、属性に絶対的な自信などは無いでしょう。
ところで低金利が素晴らしいのは、あくまでも利息の支払い負担を減らせるからです。しかし、たとえどんなに低金利でも、借り入れ日数を増やし過ぎてしまえば低金利のメリットを活かせなくなってしまいます。なぜならカードローンの利息というものは、通常、一日ごとに増えてゆくからです。
逆に少しぐらい高金利でも、借りたらすぐ返せば利息は少なくて済むのです。ですから短期間のうちに返せるような借金であれば、あまり低金利にばかりこだわる必要は無いとも言えます。もっとも現実を考えると、借りてもすぐ返せるような人も、やはり少数派であるに違いありません。

PAGETOP
Copyright © カードローン審査ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.